4-5
対潜の出来る正規空母、加賀護の登場で編成が更新されたので組み直していました
かなり要求が高いですが妥協編成も載せました
編成のコンセプトに関しては編成紹介の下に書いておくので読みたい人だけどうぞ

編成 画像はクリックで原寸に出来ます
編成 作戦室→こちら
制空 制空シミュ→こちら
攻略編成_20200913-215545953
空母4の高速+編成 ボスは制空権確保です
赤城の3スロ目は97でも天山夜攻でもあんまり威力は変わらない
だが開幕威力に影響するため可能なら3W3S以外の性能の良い夜攻を乗せよう
対潜力はそこまででもないので潜水マスS勝利はほぼ取れませんがボスでの昼S率が高いです

妥協編成 画像はクリックで原寸に出来ます
編成 作戦室→こちら
制空 制空シミュ→こちら
妥協版
瑞鶴と加賀の役割を反転させた編成
赤城の2スロは3Nか5Nの夜襲艦戦でもOK、ただし制空428でギリギリなため注意したい
対地攻撃可能な射程長艦爆がないため加賀が射程中のまま動くことになるがそれほど差はないだろう
上の編成は対地役の空母がBAしか出せなかったのに対してこっちは加賀がFBAが打てるので全くの下位互換というわけでもなく、グレードを落としながらも元のコンセプトは周到していて昼S率の具合は良さそう
Ju87C改が乗っているがこれは対地艦爆ならなんでもよく、試製南山や彗星一二型(六三四空/三号爆弾搭載機)もいい、彗星三号爆弾は撃墜回避持ちなのであるなら瑞鳳の15で優先的に使おう
これで制空ギリギリなので足りない場合はF4Uも有効、手持ちと制空を見ながら適宜乗せて見よう



編成コンセプト

①求めたのはボスでの昼S勝利
可能な限りボスを削るため対地攻撃可能空母を3隻採用
全確保編成で攻撃機を可能な限り増やしたので彩雲の起用が不可能になり触接が取れなくなりました
そのため制空や触接の補助も可能な航巡は必須枠になります

ボスでの戦闘の流れはこんな感じ、2巡目の加賀行動終了で随伴を全滅させるのが狙い
このあと4枚の攻撃で可能な限り削りとる
北上と利根は場所交換も可
おおよそ160前後まで削れば赤城戊の夜襲攻撃の通常命中でも倒しきることが可能で
そこで倒せなくても航巡の三式弾攻撃が保険として置いてある
2巡目

編成のメリット
対地空母に攻撃機が寄せてあり昼S率が高い
夜襲空母や単発三式弾で保険もあり夜戦も可能
編成のデメリット
ボーキサイトの消費が若干大きい(120~200ぐらい)
航空攻撃の下振れに弱い(ボスで開幕が振るわないとタゲがぶれるのでヤバイ)
装甲空母が少ないので中破に弱い (特に瑞鳳と加賀が取られると厳しい戦いになる)
装備要求が高い(甲限定装備入り)